【実施報告】クリスマス飾りデジタル工作教室 – 1日目

11月16日と23日の2日間、3D CADソフトやCNC工作機などのIT技術を使って、ものづくりを楽しむワークショップ「クリスマス飾りデジタル工作教室」を開催しました。

講師は、塩尻市で3D CADデータの活用支援コンサルティングや、企業向け/消費者向け製品の開発、設計、試作などを手掛ける「株式会社プロノハーツ」さんです。

11/16 実施概要

講座初日の16日は、3D CADの使い方を学び、オリジナルクリスマス飾りをデザインしました。

3D CADは、パソコンの中で立体的なものを描くときに使うソフトウェア。パソコン画面内の平面に、円や長方形などの図形を描き、「押し出し」という機能で、図形を立体方向に伸ばすと立体データができます。

ワークショップ前半は、図形を描いて立体化し、パソコン上でグルグル回して操作に慣れる練習をしました。

お絵かきソフトを使う感覚で、みなさんあっという間にマスター!後半は、それぞれ自由に飾りをデザインしました。

紙の上でデザインを考えた後でパソコンに向かう人、最初からパソコン上にデザインする人など、みなさん色々なやり方で進めました。

円や多角形などの図形を組み合わせ、みなさん素敵なデザインを作ることができましたよ☆

2日目はパソコンのデータから、本物の飾りを作る作業に取り組みます!

2日目のレポートはこちら

告知内容

コンピュータを駆使して自分だけのオリジナルクリスマス飾りをつくる、2日間の工作教室です☆

1日目は3D CAD ソフトを使ってクリスマス飾りをデザインします。2日目は、CNC工作機を使ってデザインしたデータを出力。同じ飾りを何個か作ります。ものづくりの楽しさも味わえる講座です。

日程など

  • 日時:11月16日()および 23日()9:30~12:00
  • 会場:塩尻市市民交流センター(えんぱーく)、塩尻情報プラザ
  • 対象:小学校3年生~中学生(小学生は保護者同伴)
  • 講師:株式会社プロノハーツ(塩尻市)のみなさん

チラシ:20191116s