【実施報告】クリスマス飾りデジタル工作教室 – 2日目

11月16日と23日の2日間、3D CADソフトやCNC工作機などのIT技術を使って、ものづくりを楽しむワークショップ「クリスマス飾りデジタル工作教室」を開催しました。

講師は、塩尻市で3D CADデータの活用支援コンサルティングや、企業向け/消費者向け製品の開発、設計、試作などを手掛ける「株式会社プロノハーツ」さんです。

11/23 実施概要

2日目の23日は、参加者の皆さんが初日にデザインしたクリスマス飾りのデータを、CNC工作機で出力しマスターモデルを作成。マスターモデルから型をとり、液体のプラスチック(レジン)を流しこんで固めてたくさん飾りをつくりました。

マスターモデルはアクリルでできた透明なものですが、型に流すレジンは色つき。用意した5色の色から好きな色を流し込み色とりどりのクリスマス飾りが完成しました☆

いま工場で大量につくられているプラスチック製品は、様々な手法で作られています。講師のプロノハーツ久保田さんは、それらの手法を動画付きで紹介し「いろんな手法を知ることが製品をデザインする上では大事」とお話されました。

型取りや、型からの取りだしに苦労した参加者のみなさんもいましたが、もっと他にもいい作り方があるかもしれません!ぜひ挑戦してみてくださいね。

また、最初のデザインもスキルが上がればもっと複雑なデザインも設計できます。ぜひチャレンジしてみてください。

参加者の皆さま、講師のプロノハーツのみなさま、ありがとうございました。

1日目のレポートはこちら

(マスターモデル作成の様子)

(完成したマスターモデル)

(型取りの様子)

(型にレジンを流し込みます!)

(紫外線を当ててプラスチックを固める様子)

(固まったら型から取り外します。これがなかなか大変でした。)

(完成!)

告知内容

コンピュータを駆使して自分だけのオリジナルクリスマス飾りをつくる、2日間の工作教室です☆

1日目は3D CAD ソフトを使ってクリスマス飾りをデザインします。2日目は、CNC工作機を使ってデザインしたデータを出力。同じ飾りを何個か作ります。ものづくりの楽しさも味わえる講座です。

日程など

  • 日時:11月16日()および 23日()9:30~12:00
  • 会場:塩尻市市民交流センター(えんぱーく)、塩尻情報プラザ
  • 対象:小学校3年生~中学生(小学生は保護者同伴)
  • 講師:株式会社プロノハーツ(塩尻市)のみなさん

チラシ:20191116s