【実施報告】ドローン体験教室

実施概要

11月2日、ドローン販売や空撮などを手がける(株)ウィンバード(松本市)さんを講師に招き、ドローンの知識・操縦を学ぶ小中学生向けの体験会を開催しました。

講座前半はドローンの基礎知識を学びました。GPSなどドローンを支える技術のことや、日本がこの分野で遅れをとっていること(中国がリードしていること)、バッテリー性能が上がればもっと利用の幅が広がることなど教えていただきました。

後半はいよいよ操縦にチャレンジ!

バルーンで設営したコース上にドローンを飛ばし、機体を上下・前後・左右に動かす練習をしたあと、プラスチック製のおもちゃのボーリングのピンをドローンの風圧で倒すゲームをしました。

操作が簡単だったという声も挙がりましたが、ボーリングのピンを倒すような、ゆっくり、まっすぐ飛ばす操縦は難しかったのではないでしょうか。細かい操縦に慣れるにはたくさんの練習が必要です。今回の講座でドローンに興味を持った皆さん、今後も続けてドローン操作を学んでくださいね。

参加された皆様、関係者の皆様、まことにありがとうございました。

告知内容

ドローンの仕組みや操作のしかたを学べる、子ども向けの体験教室です。

講座前半は、先生の話を聞きながらドローンの仕組みを学びます。後半は実機操作にチャレンジします。

日程など

  • 日時:11月2日(土曜日)13:00~16:00
  • 会場:塩尻市立広丘体育館(塩尻短歌館となり)
  • 対象:小学校3年生~高校生(ただし、小中学生は保護者同伴)
  • 講師:株式会社ウィンバード(松本市)のみなさん

チラシ:20191102