児童館プログラミング体験会-2

児童館プログラミング体験会

児童館にて「こどもプログラミング体験」を引き続き開催中です。

10・11月は塩尻東・片丘・宗賀児童館で行っています。
低学年には少し難しいところもありますが、一度要領がつかめるとスイスイできるようになったり、子ども同士で教え合ったり、毎回盛り上がっています。

塩尻東児童館では、19名の子どもたちが低学年・高学年に分かれて体験をしました。
学年によって進み方には差がありましたが、iPadを膝に乗せたり床に置いたり、友達の画面をのぞきこんだり、それぞれのペースで楽しんでいました。

 

片丘児童館では、グループに分け学年ごとのペースで迷路を解きながらプログラミング体験をしました。
準備時間からiPadを触りたそうにしている子も、約束を守って楽しく体験ができました。
順を追って迷路を解く子の隣で、スピードを競ったり、エラーになったところを面白がって何度も繰り返したり、興味を持つところがそれぞれ違っていて、色々な視点があることを、子どもたちから教わりました。

 

宗賀児童館では、学年ごとに日にちをわけて体験してもらいました。1年生は左右の方向なども難しそうでしたが、繰り返しやっていくとでわかったきたようで「はじめてだけどたのしい」「もっとやりたい」と言ってもらえました。
学年が高くなるにつれ、理解や操作の早い子もありましたが、飽きることなく操作していました。
難しい問題も失敗しながらもあきらめずに取り組み、やり遂げた時の笑顔が印象的でした。